エチニルエストラジオールとマーベロン21の服用年齢

女性の悩みの1つである辛い生理の緩和やコントロール、さらに避妊などに役だつのがホルモンの薬です。女性ホルモンの量を薬で変えることで、体の調子を整えたり、妊娠しない体にします。ピルと呼ばれていますが、その形状やタイプもさまざまですので、自分の体質に合わせて選ぶと良いでしょう。また、女性ホルモンをコントロールするので、更年期障害の緩和にも適しているクス類もあります。それぞれどんな症状を一番に改善したいのかなど、医師と相談すると最適な薬を処方してもらえます。このような女性ならでは辛さを緩和してくれる薬の中で、よく用いられるのがエチニルエストラジオールとマーベロン21です。しかし、2つの薬には微妙な違いがあります。また、服用して良い年齢も異なってきます。まず、エチニルエストラジオールですが、女性ホルモンの1つであるエストロゲンを含んでいます。男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑制して、体内のバランスを整えます。エストロゲンは女性でも年齢とともに減少していきます。ですから、更年期の体の変化を穏やかにしたり、男性でもアンドロゲン過剰による症状緩和にも役立ちます。例えば、前立腺関係です。エチニルエストラジオールはピルのように生理痛や避妊目的でも利用する方がいますが、どちらかと言うと治療に使われる前提の薬です。ですから、服用の量をコントロールすれば、幼児から使える安心の薬です。一方、マーベロン21はピルとして認知度が高いです。低用量ピルの1つでホルモン量をコントロールして、生理のサイクルを整えます。主に生理の辛い方や避妊目的で処方されることがほとんどです。マーベロン21を服用することができる年齢は、特に限定されていませんが、女性ホルモンの安定している年齢が基本です。