更年期障害はなんで起こるの?

更年期の症状は不定愁訴と呼ばれるほどつかみどころがなく、発症年齢や更年期障害の程度は人それぞれです。
全く不調を感じない人もいれば、ベッドから起き上がれないくらいのつらさを感じる人もいるほどです。
症状は主に、下半身が冷える、顔がほてる、怒りっぽくなった、あるいは気分が塞いでうつっぽいなどです。
更年期障害が起こる理由のほとんどは女性ホルモンの減少によるものです。
女性ホルモンは30代後半から徐々に減り始め、閉経を迎える前後の45歳から55歳、いわゆる更年期にガクッと減少します。
女性ホルモンは妊娠や出産だけでなく脳や細胞の働き、自律神経や免疫機能とも深く関わっているので、減少すると体や心のあちこちに不調が表れるのです。
ただ、更年期を過ぎれば必ず不調は解消するので、何かしらの症状が出て当然くらいの気持ちでいることも大切です。
また、更年期の症状は病院に行くほどではないけれど、なんとなく調子が悪いと感じるケースが少なくありません。
しかし、日頃から自分で少しずつケアすることで症状を和らげたり、不調の期間を短くすることができます。
ここで大切なのは更年期の不調と向き合い、市販の薬やサプリメントを利用することも生活の質を高めるために必要です。