前立腺がん・乳がん治療の薬、エチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは、前立腺がん・乳がん治療に有効な処方薬として、よく用いられるおすすめの薬です。他にもさまざまなところで目にする機会の多いエチニルエストラジオールですが、どういう働きをして、前立腺がん・乳がんに対してどういった効果をもたらすのでしょうか。
ホルモン系の抗がん処方薬として古来より使用されてきたエチニルエストラジオールは、合成エストロゲン薬であり、男性ホルモンであるアンドロゲンを抑える効果があります。まず前立腺がんへの効力に関してですが、男性ホルモンの影響を受けて肥大化する性質を持つ前立腺がんに対して、エチニルエストラジオールを投薬することにより、体内の男性ホルモンの濃度を下げて細胞の繁殖をおさえ、腫瘍の勢いをなくすことで病状を改善します。手術前後にも用いられ、進行した前立腺がんや転移したものにも有効であり、腫瘍に伴う骨の痛みも軽減してくれる優れものです。
次に、乳がんへの効力に関してですが、女性ホルモンのエストロゲンの影響で肥大化する性質のある乳がんに対し、性腺刺激ホルモンの分泌を押さえ込み、内因性エストロゲンの体内濃度を下げ、その結果病状が改善されるのです。
こういった病状に対しての処方薬としておすすめの抗がん薬品ではありますが、注意点があります。結核の症状を持っていたり投薬治療を行っている方や、てんかんの薬を処方されている方、肝炎の治療中である方は要注意です。エチニルエストラジオールとの飲み合わせが悪く、効果が弱まったり、下手をすれば不正出血の可能性が高まるため、こういった症状・治療を受けている方は、処方を受ける前に一度医師に必ず相談することをおすすめします。