エチニルエストラジオールと女性ホルモン

女性ホルモンのエチニルエストラジオールを投与してもらうことになった場合、そのかかりつけにしている医療機関で詳しく相談しながら行っていくのが大事なところでもあります。
まず、副作用が出にくい女性ホルモンの投与の仕方などを考えてもらうのがもっともですが、年齢や骨格などでも大きな個人差があったりします。
それと性別に応じたホルモンの量が中学生前後の年齢には分泌されてくるのが通常ですが、段々と大人の体になっていく流れが一般的です。
そのためにきちんと様子を見ながら、服用していくほうが危険なリスクも伴いにくくなってくるからですが、治療を受ける前にカウンセリングもしっかりやってくれている医療機関を選択するのも大切です。
女性ホルモンのエチニルエストラジオールを投与してもらうことによって、男性の場合は男性ホルモンが少なくなってくるといった症状がでやすいです。
主に女性ホルモンをどういう目的で投与してもらっているのかで変わってくる点も少なくないですが、ヒゲが薄くなってきたりと徐々に女性化していく可能性も高いです。
色々な種類の女性ホルモンを服用しているよりも1種類か2種類に絞り込む方が安全度も確保しやすくなってくるのですが、別の性別に女性ホルモンを投与しているケースだと自分が持っているホルモンを増やしてしまうケースもありえます。
病院での治療で女性ホルモンを投与された場合も、身体の形を変えてしまうこともありますが、基本的にできあがっている骨格は変化しない方が大半です。
ある程度の期間、女性ホルモンの投与に取り組んでいると男性ホルモンも分泌されにくくなってくるわけですが、効き目も実感できてくることもあったりもします。

▼ピルをネットで買うならここがお勧めです。
ピル 通販